会社

Vision

お店が大行列になる・地域に人が来る仕掛け、人が豊かに働ける仕掛け、人がついつい前を向いて活動してしまう仕掛け etc. 人が元気になる「世のため、人のため」、活動できる「シカケ」を創る会社です。

LogoMark

 
®

マークのモチーフは数字の8であったり、勝負の達磨さんであったり、八百万の神であったりします。他にもたくさんのイメージを内包していますのでどうぞ想像してみてください。
デザインは北川一成氏(GRAPH)に担当いただきました。

社名であります「シカケ」という言葉をうかがい、「シカケ」は仕掛けなんだ!と意味の解釈を拡張させ、かつ相互に響き合うシンボルです。
仕掛けって一筋縄ではいきませんよね。
仕掛けは相手に気づかれない方がよく効きますし、ニヒルでクールでお茶目で強く優しくて愛があるのが「シカケさん」だと思いまして、このようなマークを描いています。
実は「シカケさん」、私からみた金山さんみたいです。
(北川一成/GRAPH)

Company Profile

会社名 株式会社シカケ (Shikake co. ltd.)
創業 平成29(2017)年7月18日・大安
代表者 代表取締役 金山 宏樹
所在地  
– 本社

〒656-0531 兵庫県南あわじ市北阿万伊賀野1080番地2

– 宮崎営業所

〒880-0865 宮崎県宮崎市松山二丁目1番1号 ザ・レジデンス大淀河畔 801号室

 

– 島根オフィス

〒696-0104 島根県邑智郡邑南町日和260-3「邑南サテライト・スタジオ」内 シェアオフィス 邑南 Avengers

– 東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目7番26号 ワコーレ新宿第一ビル2F Workmedi 一般社団法人 全国道の駅支援機構 気付

 

事業内容 道の駅再生支援、立ち上げ支援、繁盛店プロデュース 、ブランディング支援、商品開発支援、パッケージデザイン制作、ロゴマーク制作、WEBサイト制作、講演(「ワクワクする道の駅の作り方」成功事例に学ぶ道の駅の運営と活性化方法etc.)、その他 ご相談ください。

Founder

金山 宏樹

Hiroki Kanayama

代表取締役

昭和58(1983)年、兵庫県南あわじ市(淡路島)生まれ。高校卒業後、淡路人形浄瑠璃の淡路人形座にて、5年間人形遣いとして働いた後、島の観光施設で1年間勤務。島を出て、大阪・東京で営業職に携わり、平成24(2012)年5月、島に戻り某観光施設運営会社に入社。EC事業部を経て平成26(2014)年6月より飲食事業部の取締役に就任。会社の業績を新規事業なしで4年間に181%伸ばした実績から、全国からの視察も絶えない観光施設になっている。
平成29(2017)年7月同社を退社。ブランディング、集客をしたい全国の自治体、施設を支援するため、株式会社シカケを設立。“道の駅再生人”として「行きたくなる」飲食店の仕掛け、「買いたくなる」お買い場づくりの手法を開示するプロデュースやセミナーをおこなっている。平成30(2018)年11月、一般社団法人 全国道の駅支援機構 理事就任。平成31(2019)年4月からは、北海道鹿部町-しかべちょう-に現地法人を設立し道の駅しかべ間歇泉公園の経営に参画。チームで赤字の道の駅を黒字化し指定管理料の削減にも着手している。

 

農林水産省 6次産業化中央サポートセンター「6次産業化プランナー」(平成29(2017)年度〜)
内閣府 地方創生推進事務局「地域活性化伝道師」(平成30(2018)年度〜)
一般社団法人 全国道の駅支援機構 理事(平成30(2018)年度〜)
株式会社シカベンチャー たらこ取締役(平成30(2018)年度〜)
総務省「地域人材ネット 外部専門家(地域力創造アドバイザー)」(令和2(2020)年度〜)
鳥取県6次産業化サポートセンター「鳥取県6次産業化地域プランナー」(令和2(2020)年度〜)
福井6次産業化サポートセンター「6次産業化プランナー」(令和3(2021)年度〜)
みついしょうじ株式会社 取締役(令和3(2021)年度〜)
株式会社山椒 取締役(令和3(2021)年度〜)
今帰仁来てね株式会社 取締役(令和3(2021)年度〜)
ハーメックのじり株式会社 代表取締役(令和3(2021)年度〜)

 

 
金山 宏樹